トピックス

掲載情報2017年1月1日
2017年新年のご挨拶

newyearcard

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

当社は創業以来、業種を掛け合わせた新しい価値の創出にチャレンジし、現在は訪日観光客に特化した飲食事業を中核に10の業種からなる複合グループへと成長しました。今後もアジアで根強い支持を得ている北海道カルチャーを伝えるべく、「北海道を訪れるすべてのお客様に人生の残る思い出を」というコンセプトのもと、「食」を切り口に様々なサービスを提供してまいります。
そして2017年は、ここ北海道から国境を越え、日本の1億2千万人のみならずアジア30億人のお客様へ向けたサービス提供をスタート致します。

本年もなお一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

掲載情報2016年12月26日
年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、当グループの本社事務所は下記の通り年末年始休業とさせていただきます。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、予めご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

<年末年始休業期間>
2016年12月29日(木)~2017年1月3日(火)

<お問い合わせについて>
休業期間中、メール・FAXでのお問い合わせは受付をしておりますが
回答については1月4日(水)より順次対応させていただきますので、何卒ご了承の程お願い致します。

掲載情報2016年10月27日
第三者割当増資実施に関するお知らせ

北海道札幌市を拠点としてインバウンド(訪日外国人旅行者)に特化した飲食店を運営する当社のグループ会社、株式会社グラフィックホールディングス(本社:北海道札幌市、代表取締役:山本 壮一、以下「GH」)は、この度、観光活性化マザーファンド投資事業有限責任組合(※)、株式会社北洋銀行(本社:北海道札幌市、取締役頭取:石井 純二、以下「北洋銀行」)を引受先とする第三者割当増資を実施致しました。今後は両社が有する豊富な知見とネットワークを活用して、インバウンドに特化した飲食店を全国展開して参ります。

 (※)観光活性化マザーファンド投資事業有限責任組合は、株式会社地域経済活性化支援機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:今井 信義、以下「REVIC」)、株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳 正憲、以下「DBJ」)、株式会社リサパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:枩山 聡一郎、以下「リサパートナーズ」)が観光産業を通じた地域経済の活性化を目的として組成した、地域活性化ファンドです(以下、「観光活性化マザーファンド」)。

グラフィックホールディングスは2003年の創業以来、お客様にグラフィックデザイン、アパレル、飲食、美容といった様々な角度からサービスを提供することにより、業種の垣根を超えた価値の創出にチャレンジして参りました。創業10周年を迎えた2014年からは、新たなチャレンジとして、インバウンドに特化した飲食店を開業。日本が「観光立国」を標榜し、2020年には4,000万人のインバウンド受け入れを目標に一歩を踏み出したいま、グラフィックホールディングスは日本にお越し頂いたインバウンドのお客様に、「食」を通じて日本の魅力と文化を発信して参ります。

以上

当グループのプレスリリースのダウンロードはこちら

北洋銀行のプレスリリース

地域経済活性化支援機構(REVIC)のプレスリリース

日本政策投資銀行のプレスリリース

リサパートナーズのプレスリリース

掲載情報2016年10月20日
中学生を対象にした職場体験を実施

2016年10月20日(木)、札幌市立宮の森中学校から4名の生徒さんが昨年に引き続き当グループを訪問、当社WEB事業部にて職場体験をして頂きました。

img_5911

WEBサイト制作の仕事とはどういうものか、デザイナーやエンジニアのお仕事について、中学生のみなさんからの質問タイム、社内見学などを実施しました。

掲載情報2016年10月3日
「ほのか」の株式会社丸新岩寺と事業提携。中国進出へ

株式会社ノースグラフィック山本壮一、株式会社丸新岩寺 岩寺晴夫)

当グループの株式会社ノースグラフィック(本社:北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1代表取締役: 山本壮一)は、株式会社丸新岩寺(本社:北海道札幌市手稲区富岡3条2丁目10-43 代表取締役:岩寺晴夫)との事業提携により、中国徐州市に建設される大型複合リゾート「晴朗谷(チンラングー)」に、飲食施設付温浴施設を開業致します。2017年5月オープン予定。

晴朗谷(チンラングー)ほのか晴朗谷(チンラングー)ほのか_入り口晴朗谷(チンラングー)ほのか_浴室晴朗谷(チンラングー)ほのか_レストラン4晴朗谷(チンラングー)ほのか_岩盤浴

徐州市は、人口は約1,000万人、急速に開発が進む都市でありながら、中心部から少し離れると湖や森林などの自然豊かな環境です。高速道路から約5km、街の中心部からも車で約8分という利便性の高い立地に建設される「晴朗谷」は、リゾートホテル、キャンプ場、マンテンバイクコース、テニスコートなど、「自然」と「健康」をテーマにした15の施設からなる大型複合リゾートです。
全体の敷地面積は約20万平米。東京ドームに換算すると約4つ分の敷地内に日本式の温泉施設として、日本国内では「ほのか」ブランドで支持される丸新岩寺社と、インバウンドに特化した飲食店運営を行うノースグラフィックが事業提携をし、参入致します。当社は飲食施設をはじめとする、温浴施設、プール、物販店などの運営全般を担います。

中国から日本への旅行客は、2016年も年間600万人を超えるペースで伸びていますが、その客層を紐解くと中国内陸都市からの観光客も増加しており、徐州市も内陸部にある現在発展が著しい都市の1つです。そのような背景に伴い娯楽費用も増加傾向にあるなか「安・近・短」である娯楽として温浴施設のニーズも確実に高まっております。
ノースグラフィックは、北海道を中心に訪日外国人の受け入れに特化した飲食店、その他居酒屋や焼肉店などを運営しており、訪日外国人の受け入れ実績があります。2016年4月にはラオックス株式会社との提携により福岡市にも出店を果たし、 そのノウハウとサービス力により、温浴施設に訪れる現地のお客様に日本・北海道企業ならではの食事やサービスの提供を致します。

丸新岩寺社との事業提携の根底には、互いに北海道で生まれ育った企業という特性を最大限にいかし、アジア圏で絶大な支持を誇る「北海道ブランド」のもと、北海道のカルチャーやライフスタイルを現地の方に体験して頂きたいというコンセプトがあります。飲食施設では可能な限り北海道の食材を使用した人気の和食を中心に「健康」をコンセプトにしたライフスタイルを体感できる空間づくり・サービス品質を追求してまいります。

名称:未決定
住所:江蘇省徐州市泉山区大学路7号
店舗面積:7,940m2
オープン日:2017年5月予定

プレスリリースはこちらからご覧ください