トピックス

掲載情報2016年3月8日
日本経済新聞に台湾での複合店出店と今後のアジア展開について掲載

2016年3月8日付の日本経済新聞朝刊にて、グラフィックホールディングスが台湾に出店する飲食、美容、アパレルの複合店舗に関する記事が掲載されました。

記事の中では、訪日観光客(インバウンド)向けの飲食店を展開するグラフィックホールディングスグループが、北海道内で展開するサービスの輸出(アウトバウンド)を次の成長分野と据え、北海道や日本に憧れを抱くアジア若年層の需要を積極的に取り込む計画についてご紹介頂きました。
台湾を皮切りにタイやフィリピンなどのアジア各地で複合店の出店を始める計画については、まず台湾台北市にカフェやレストラン、美容室などの併設店を出店すること、また店舗デザインには北海道内の木材を活かし、食材には北海道産の野菜を使用することなど、観光地として海外で人気の高い「北海道ブランド」を前面に打ち出すコンセプトについてご紹介頂いています。

【日経電子版 2016年3月8日】
グラフィックHD、アジアで異業種複合店 道産食材使う
※「日経電子版」は有料会員様のみ閲覧頂けます。

掲載情報2016年2月12日
札幌市ワーク・ライフ・バランス先進取組企業として認証を受けました

株式会社グラフィックホールディングスと株式会社ノースグラフィックは、
札幌市ワーク・ライフ・バランス推進事業の先進取組企業として認証を受けました。

「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」とは、一人ひとりが、それぞれの希望に応じて「仕事(ワーク)」と「家庭生活や地域活動等の私生活(ライフ)」の調和を図り、その両方を充実させる状態のことで、札幌市ではその実現に向けて積極的に取り組む企業を「認証」しています。

当社は今後もより一層、従業員が自身の生活とのバランスを取りながら、働きやすい職場環境を追求してまいります。


株式会社グラフィックホールディングス
札幌市WLB認証第504号

株式会社ノースグラフィック
札幌市WLB認証第505号

札幌市ワークライフバランス先進取組企業認証マーク

掲載情報2016年2月1日
テレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」でインバウンドの先・海外を攻める秘策について放送

当グループ、グラフィックホールディングスの「インバウンドから、北海道カルチャーのアウトバウンドに向けた取り組み」について、テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト)の取材を受けました。

2016年2月1日オンエア概要

【番組の概要】
インバウンドの先・海外を攻める秘策は?北海道ベンチャーの挑戦

中国経済の減速で「爆買い」頼みからの脱却が課題となる中、インバウンドからアウトバウンドへと目を向ける動きが加速。北海道では、北海道を丸ごと海外展開しようという「クール北海道」が動き出す。中心となるのは、訪日外国人客向けの飲食店を展開する札幌市の企業「グラフィックホールディングス」。札幌最大級規模の600席「ジャパニーズビュッフェダイニング【伝】」など、訪日客に特化した大型飲食店を運営する。

インバウンドに手応えを感じ、次の一手として台湾への進出を計画。グラフィックHDは飲食店だけでなく、「美容室STILL」やアパレル、不動産など10の異業種で構成されている。
グラフィックホールディングス代表の山本壮一は

「北海道のカルチャーを感じてもらえるように」
「複合的な施設を台湾に出店したい」
「一言でいうと北海道カルチャーショップ」
「1社のグループがファッション、美容、飲食、ライフスタイルを」
「北海道ビレッジという形ですべてをアウトバウンドする」

と話す。海外進出に向け山本は店舗以外からも情報収集を行う。
JTB北海道が運営する訪日観光客への情報提供・収集を行う観光案内所にて

「我々が良いと思っている事と、海外の人が欲しいと思っている情報が一致しているかを確かめたい」

と話す。
狸小路の訪日客向け観光案内所は2月にプレオープンされ、収集した情報をアウトバウンドに活用する狙い。山本は、取引銀行である「北洋銀行本店」で大手家電量販店と組んで出店する計画を説明し、その全国展開も海外展開への布石との戦略と話す。取引銀行の地域産業支援部からも

「バックアップしていきますよ」

との言葉をもらい、新たな事業方針を持って挑戦を続ける。

掲載情報2016年1月26日
札幌商工会議所主催CSR経営表彰【社会貢献部門】を受賞

札幌商工会議所主催CSR経営表彰
この度、株式会社ノースグラフィックは、札幌商工会議所主催のCSR経営表彰【社会貢献部門】を受賞致しました。

受賞内容【福祉のココロを宿すビジネス】
地域社会におけるCSR活動の取り組みとして、障がい福祉分野に積極的に関わるため、2014年に完全子会社「株式会社イクスクルー」を設立。主に「就労継続支援A型事業」および「グループホーム事業」を通じて、知的・精神・発達等の障がいを抱えている方や難病をお持ちの方に、就労と生活の両面からサポートを行っています。

就労継続支援では、ノースグラフィックの業務を多岐にわたって行っており、貴重な戦力としてビジネスを支えています。具体的には、アパレル部門で製造・販売を行っている衣類のタグ付け業務、飲食部門で展開している飲食店での仕込み業務、WEB制作部門のCMS移行業務などです。グループホームでは、「世話人」の方が、食事の提供や生活相談を行い、アットホーム雰囲気で独立のある暮らしを実感しつつ、共同生活を通じた協調・共有が感じられる、バランスの良い環境の提供をモットーに運営しています。

※CSR活動:社会貢献活動

掲載情報2016年1月10日
Natural bicycle[ナチュラルバイシクル]がNPO法人ezorockとカーボン・オフセット関連商品を共同開発

当社の自社アパレルブランドNatural bicycle[ナチュラルバイシクル]が、NPO法人ezorockとカーボンオフセット関連商品を共同開発しました。売上げの3%が北海道石狩の森作りに活用されます。

商品ラインナップはマウンテンジャケット、Tシャツ、ジップパーカーの3種で、今回の共同開発はマーケティング、商品ラインナップ確定、デザイン作成、販売サポートを行いました。

rtl002_01


Natural bicycle公式サイト [www.naturalbicycle.com]
NPO法人ezorock公式サイト    [www.ezorock.org]
<販売取扱>ブラウンフロア楽天   [www.rakuten.ne.jp/gold/brownfloor]